DDTプロレスが28日、東京・千代田区の神田明神内でシングル最強決定リーグ戦『D王 GRAND PRIX 2022』(11月1日、東京・後楽園ホール大会で開幕)に向けて記者会見を開いた。

 『D王』にはAブロックで遠藤哲哉、佐々木大輔、上野勇希、吉村直巳、ジョーイ・ジャネラ、RSP(リッキー・シェイン・ペイジ)、Bブロックで樋口和貞、クリス・ブルックス、MAO、火野裕士、納谷幸男、KANONの計12選手が出場。11.1後楽園大会から同月18日の後楽園大会まで公式戦を行い、各ブロックの得点1位の選手同士により、12月4日の後楽園大会で優勝決定戦が行われる。

 KO-D無差別級チャンピオンの樋口はBブロックで出場するが、「『KING OF DDT』トーナメント、KO-D無差別級王座を獲った。そしてD王を獲って、DDTの年間グランドスラムを狙いたい。てっぺんに立ちたい。警戒する選手は全員」と話すと、優勝決定戦の相手として、「『KING OF DDT』でも決勝で争ったので」という理由を挙げた上で、KO-Dタッグ王座のパートナーである吉村を希望した。昨年は竹下幸之介がグランドスラムを達成したが、樋口も続くことが出来るのか注目だ。

 また、DDTユニバーサルチャンピオンの上野は「昨年、準優勝だったから厳しさも分かってて。D王で優勝めざすのはものすごく大変なことだと思うんですけど、DDTを背負いたいと思ってから臨むD王。めざすは優勝です。開幕戦でどれだけいいスタートを切れるか、重要だと思うし。海外から来る選手も楽しみ。最終戦は佐々木さん、薬にも毒にもなる、どれもこれも大変だなと思います。(決勝には)クリスが上がって来てくれるとすごく燃える」とクリスとの優勝決定戦を熱望。

 会見には昨年に続き、大会実行委員長を務める“鉄人”小橋建太氏も登壇。小橋氏は「今年は40歳未満に出場権利がある。今DDTの中心にいるのは40歳未満だと思ってます。今大会で熱い戦いをして、自分たちの負わされた責任を果たしてほしい。気になる選手は、全体を見渡すと吉村君、彼の頑張りで大会が盛り上がるんじゃないか。過去2回、結果を出してない。今回は結果を出してほしい。Aブロックは遠藤君、上野君、吉村君、佐々木君、4人の絡みが興味深い。Bブロックは樋口君、クリス選手が面白い。優勝候補は火野選手かな?期待を持ってます」と吉村、火野の2人を気になっている様子だ。

(どら増田)