15日午前6時すぎ、長岡市内の高齢者施設から消防へ「入所者の70代女性が呼吸をしていない」と救急要請がありました。

指令室の職員が、通報者の携帯電話の位置情報をもとに救急隊へ出動指令を出しましたが、現場に到着したところ、出動場所が誤っていたことが判明。

救急隊はその後、通常より9分遅れで本来の現場に到着し、女性は運ばれた病院で死亡が確認されました。

指令室の職員は、実際の現場からおよそ70メートル離れた似た名前の建物を現場と思い込み、住所などの確認を怠っていたということです。

長岡市消防の高坂篤消防庁は「救急車の現場到着遅延はあってはならないことであり、搬送された患者様とそのご家族に心よりお詫び申し上げます。再発防止を徹底し、市民の信頼回復に努めてまいります」とコメントしています。