三条市では23日、親子で楽しみながら防災を学ぶイベント「さんじょう消防・防災フェスタ」が開催されました。

会場では災害の時に出動する自衛隊の高機動車などが展示されていて、消防車両の前では、子どもたちが消防隊になりきってポーズ!

中でも多くの親子連れで賑わっていたのが起震車による地震体験コーナーです。

新潟地震や中越沖地震など実際に起きた地震を再現し当時の揺れを体験することができます。

【子ども】
「ちょっと目が回って酔ったかも」
「家具とか今は固定されているけど、固定されていなかったら普通に倒れていたと思う」

そのほかにも…

【齋藤アナウンサー】
「地震などの災害の際に停電となってしまうおそれがありますが、こちらでは子どもたちが手回し発電機によって電気を起こす体験を行っています」

子どもたちが自分の手で発電し電動の動物のぬいぐるみを動かす体験も。

【子ども】
Qいつも使っている電気を自分でも発電できることを知っていた
「知らなかったです」
「すごく大変だったけど楽しかったです」

訪れた親子連れは体験を通して災害についての理解を深めていました。

【訪れた人】
「きょうクイズとかもやったんですけど、楽しめてしれたので良かった」
「災害とか怖いですしね大雨とかもあったりして毎回びくびくしてるんで日常的にこういうのがあるといい」