TOKIOの城島茂さんが、農業と福祉の連携を広めるための旗振り役に選ばれ、14日、農水省から任命状を受け取りました。

城島さんがPRするのは、「ノウフク」、農業と福祉の連携です。農業分野で障害者などを雇用することで、農業の人手不足を解消するとともに、障害者が活躍できる場も広がるとして、政府が推進しています。

14日、農水省で副大臣から任命状を受け取った城島さんは、テレビ番組を通じて農業と福祉の問題に取り組んできた経験を振り返り、「働く皆さんが得意不得意いろいろあると思うのですが、お互い認め合って、支え合って、助け合って生きている現場がありました」と、「ノウフク」の意義を強調しました。

これまでも政府の会議に有識者として出席するなど、「ノウフク」の推進に貢献していた城島さん。今後は旗振り役・アンバサダーとして、政府が優良事例を表彰するイベントなどに出席する予定です。