牛丼チェーン「吉野家」は、牛肉の高級部位である「サーロイン」を初めて使った「すきやき」を、14日から数量限定で発売する。

高級部位であるサーロインを120グラム使用していて、価格は税込み860円。今まで全国展開してきた牛肉商品の中で、最も高額になっている。

脂身が少ない赤身肉を使っているため、男性だけではなく女性もターゲットにしているという。

吉野家・伊東正明常務取締役「原点にかえって牛肉をおいしく召し上がっていただくということをどんどん進めていきたい」

吉野家は、連結決算で前年の営業利益が赤字だったが、今年3月に出した新商品がヒットし、業績が回復してきている。新たな商品でさらに勢いをつけたい考え。