小泉環境相が育児休暇の取得を表明したことを受けて、経済同友会の櫻田代表幹事は、企業でも一層、男性の育児休暇取得を進める必要があるとの考えを示した。

経済同友会の櫻田代表幹事は、小泉環境相の育休取得について「一つのリーダーシップのあり方だと思う」と評価した。

その上で、企業でも、男性従業員の育児参加を後押しすることが重要で、これは、企業の成長につながるとの考えを示した。

櫻田代表幹事「男性が育休をとるということ=イノベーションにつながっていくはずであるという確信のもとにリーダーシップを経営者は発揮すべきだと」

櫻田代表幹事は、企業が外国人を含めた多様な従業員の受け入れ(=ダイバーシティ化)を進める中で、家庭の中でも育児を「女性の役割」とせず、男性も参加することが重要との考えを示した。

櫻田代表幹事は、意見の「違い」から、イノベーションが創出されていくとしている。