山梨県甲府市の住宅で、2人が死亡した放火事件で、この家の夫婦とみられる2人の死因は失血死だったことが分かりました。

事件は今月12日の未明、甲府市で住宅が全焼し、50代の夫婦とみられる遺体が見つかったものです。この家は夫婦と10代の姉妹2人の4人暮らしで、警察は、姉の知人の19歳の男を、火事の直前に家の中で鉢合わせした妹を殴ったとして逮捕しました。

警察は14日、遺体で見つかった2人の死因がともに失血死だったことを明らかにしました。捜査関係者によりますと、少年は「複数の刃物を現場に持参した」と供述し、右手の指に犯行時にできたとみられる傷があるということです。

なお、警察は関係者への聞き取りなどから、少年がこの家の姉に好意を持っていたものの、思い通りにならなかったことが犯行の背景にあるとみて調べています。