日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐり、大学の理事らが逮捕された事件で、東京地検特捜部が、13日、改めて田中英壽理事長から任意で事情を聞いたことが分かりました。事件への関与を否定したとみられます。

この事件は、付属病院の建て替え工事をめぐり、日本大学・理事の井ノ口忠男容疑者と、大阪市の医療法人グループの前理事長・籔本雅巳容疑者が大学に2億2000万円の損害を与えた疑いで、逮捕されたものです。

特捜部は、これまで田中理事長から任意で事情を聞いていましたが、その後の関係者への取材で13日、側近の理事らが逮捕されてからは初めてとなる任意での事情聴取を改めて行ったことが分かりました。

田中理事長は、事件について「関係ない」「カネは受け取っていない」などと関与を否定したとみられます。特捜部は、田中理事長側に不透明なカネが流れた可能性がないかなど慎重に調べを進めているものとみられます。