愛知県弥富市の中学校で、中学3年の男子生徒が包丁で刺され死亡した事件で、逮捕された同学年の生徒が「嫌がらせを受けたと感じた」という趣旨の供述をしていることが分かりました。

この事件は、24日、弥富市の中学校の廊下で、14歳の中学3年の男子生徒が包丁で腹部を刺され死亡したものです。

警察は25日、現場で現行犯逮捕した同学年の14歳の男子生徒を殺人容疑で送検しました。その後の捜査関係者への取材で、男子生徒は、相手の生徒に対して「嫌がらせを受けたと感じた。不満だった」という趣旨の供述をしていることが分かりました。

ただ、嫌がらせの内容などは明らかになっておらず、動機の解明には時間がかかるとみられています。

また、男子生徒は、「包丁は、事前にインターネットで購入した」などとも供述していて、警察は、計画的に犯行に及んだ可能性もあるとみて、事件の経緯などを調べています。