3日午前9時ごろ、台湾付近を震源とする地震があり、気象庁は沖縄県に一時津波警報を発表し、午前10時40分に津波注意報に切り替わりました。

気象庁は注意報が解除されるまでは、海から離れて安全な場所に避難するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、3日午前8時58分ごろ台湾付近を震源とする地震があり、沖縄県与那国町で震度4の揺れを観測したほか、沖縄県内で震度3から1を観測しています。

地震の規模を示すマグニチュードは7.7で、震源の深さは台湾付近で23キロと推定されます。

気象庁は、この地震で、沖縄本島地方、宮古島・八重山地方に一時、津波警報を発表し、さきほど午前10時40分に津波注意報に切り替えました。

沖縄県与那国島久部良には、午前9時18分に30センチの津波が観測されています。

気象庁は、さきほど会見で、津波注意報を発表している地域では海の中にいる人はただちに海から出て、海岸近くにいる場合は安全な場所に避難してほしいと呼びかけています。

過去に発生した台湾付近を震源とする地震では、2002年3月31日にマグニチュード7.0の地震が発生し、沖縄県に津波警報・注意報が発表されました。

この時、与那国島久部良で20センチ程度の津波を観測しました。