早稲田大学の一般入試で、男子受験生がメガネ型の電子機器「スマートグラス」を使って問題を撮影し、外部に送信していたことがわかりました。

日テレNEWS NNN

今年2月に行われた、早稲田大学の一般入試。努力の成果を発揮する大事な日ですが、18歳の男子受験生が問題を撮影して外部に送信し、大学の入試業務を妨害したとして、警視庁が捜査していることがわかりました。

日テレNEWS NNN

捜査関係者によりますと、使われたというのが「スマートグラス」。カメラがついている、メガネ型の電子機器です。

男子受験生は早稲田大学創造理工学部の一般入試中、スマートグラスを使って化学などの問題を撮影。それを手元のスマホに転送し、Xを通じて複数人に解答を求めたということです。

Xで回答をした人がおかしいと感じ、大学側に報告。別の日の試験でも、同じ受験生がスマートグラスをかけて受けに来たため、大学側が警視庁へ相談したということです。

男子受験生は、任意の調べに対し「志望校に落ち、他の大学も落ちることが不安で不正を思いついた」などと供述。大学側は男子受験生のすべての学部の受験を、無効にしたといいます。

警視庁は16日にも、偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針です。