超大型の台風10号が北上中。14日から15日にかけて、強い勢力で西日本に接近し、上陸するおそれがある。

台風10号は強風域が広い超大型の台風で、すでに西日本の一部が強風域に入り始めた。台風は今後、強い勢力となって、14日の夜から15日にかけて九州や四国などの西日本に接近し上陸する見通し。

16日には日本海へ進むが、北日本でも雨と風が強まりそうだ。

14日にかけて、予想される最大瞬間風速は、九州南部で45メートル。波の高さは、四国で10メートルと猛烈なしけとなる予想。

また、台風が接近する前から雨が続き、多い所では1000ミリを超える記録的な大雨となるおそれがある。

暴風や高波、大雨などに厳重に警戒するとともに、交通機関の影響にも注意が必要。

また、13日も非常に厳しい暑さが続いており、予想最高気温は、鳥取で38℃、名古屋、京都、広島で37℃、大阪、熊本などで36℃の予想。引き続き、熱中症にも警戒が必要。