お盆をふるさとや観光地で過ごした人たちのUターンラッシュは14日、15日がピークで、各地の高速道路の上り線が混雑している。

日本道路交通情報センターによると、高速道路の上り線は午後6時半現在、関越道は、埼玉県の高坂SA付近を先頭に30キロ、常磐自動車道が茨城県の諏訪第一トンネル付近を先頭に42キロの渋滞などとなっている。

上り線の渋滞は15日も続き、中央自動車道では午後4時頃、小仏トンネル付近を先頭に20キロ、関越道は午後5時頃、高坂SA付近を先頭に35キロなどと予想されている。