大型の台風10号は、15日に九州から四国に上陸し、西日本を縦断する見込み。猛烈な雨や風に警戒が必要。

大型の台風10号は勢力を維持したまま北上し、15日に四国から九州に上陸する可能性が高くなっている。その後、西日本を縦断し、16日から17日には、北海道付近に達する見込み。

西日本を中心に猛烈な雨が降り、15日夕方までに予想される雨は、四国で1000ミリ、東海で700ミリ、近畿と九州北部で500ミリなどとなっている。その後も、大雨が続き、総雨量が1200ミリを超えるおそれもある。

また、予想される最大瞬間風速は、四国や九州で40メートル、波の高さは9メートルから10メートルの予想。

土砂災害や河川の氾濫、暴風や高波、高潮などに厳重な警戒が必要。

台風10号の影響で、JR西日本は山陽新幹線を計画運休することを発表し、新大阪と小倉の間で15日始発から終日、すべての列車の運転を見合わせる。

小倉と博多の間では、1時間に1本程度の間引き運転を行うという。

一方、JR東海によると、東海道新幹線も15日は山陽新幹線との直通運転を取りやめ、東京と新大阪の間で折り返し運転を行うという。

これにともなって、上下あわせて全体のおよそ15%にあたる60本ほどを運休するという。