12日午前、神奈川県川崎市の雑居ビルで男性が頭から血を流して倒れているのが見つかった。男性はその後、死亡し、警察は事件と事故の両面で捜査している。

警察によると12日午前11時57分頃、川崎市砂子の雑居ビルで「頭から血を流して男性が倒れている」と110番通報があった。

警察が駆けつけたところ、男性は雑居ビルの階段の踊り場部分で、頭から血を流して意識不明の状態で倒れていて、病院に搬送されたが、その後、死亡した。男性は30代とみられている。

現場はJR川崎駅からすぐ近くの飲食店などが入る雑居ビルで、警察は事件と事故の両面で詳しく捜査している。