新型コロナウイルスに感染した香港の男性が乗っていたとして検疫などを受けていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗っている10人が、ウイルスに感染していることが確認された。

加藤厚労相「31名分のウイルス検査の結果が判明し、10名の方から陽性反応が出た」

加藤厚労相は緊急会見で、クルーズ船に乗っている10人が新型コロナウイルスに感染していることを発表した。このうち3人が日本人で、50代と60代の女性と、60代の男性だという。

このクルーズ船には感染した香港の男性が乗っていたが、10人のうち1人は香港の男性と一緒に鹿児島でバスツアーに参加していて、もう1人は香港の男性の濃厚接触者だという。

乗船している人のうち、発熱などの症状がある人と濃厚接触者273人のうち、検査結果が出たのは31人で、残りの人の検査結果はまだ出ていない。

厚生労働省は、病院に搬送された10人以外の乗客・乗員は、感染防止のため14日間は船内にとどまってもらうとしている。