国内での感染が広がっている。新型コロナウイルスに感染した神奈川県在住の80代の女性が13日に死亡した。国内で感染者が亡くなったのは初めて。一方、横浜に停泊しているクルーズ船で、一部の高齢者らの下船が14日午後に始まった。

14日午後2時40分過ぎ、ダイヤモンド・プリンセスから下船が認められた一部の方がバスに乗って下船した。降りた方々は、帰宅できるわけではなく、埼玉・和光市の施設に経過観察のために滞在することになっている。

対象となるのは80歳以上の高齢者で、窓がないか、開かない部屋に滞在している人、もしくは持病がある人。

加藤厚労相は持病の悪化などを防ぐ「健康確保」の観点から決めた、と説明していて、検査を行って陰性が確認された方の中で下船を希望した方が下船した。

感染が拡大している船内にまだ多くの人が残る中、14日、厚生労働省は、健康面などの相談をできる専用のiPhoneを乗客に配布したという。健康上の心配事の相談や、医薬品の情報収集などに役立てることが目的だという。