和歌山では同じ病院で医師、そして患者が感染和歌山県は、この病院で症状がある他の患者や医師との濃厚接触者についても検査を進めている。

和歌山県によると、50代の男性外科医師が新型コロナウイルスに感染していることが確認された済生会有田病院では、13日まで入院していた70代の男性も感染していることがわかった。

70代の男性は県内在住で、今月1日に倦怠感があり、近所の医療機関を2回受診した後、6日から済生会有田病院に入院していた。男性の症状は重く、現在、別の病院に入院中だという。

県は、このほか症状がある患者ら3人や、男性外科医師との濃厚接触者について検査を進めていて、15日に結果を発表するとしている