国の緊急事態宣言が解除された大阪・兵庫・京都では、23日から、休業要請と外出自粛の要請が大幅に緩和されました。

緊急事態宣言が解除されて初めての週末を迎えた大阪の道頓堀では、マスクをつけた買い物客や外食を楽しむ人たちの姿がありました。一方、神戸の中華街・南京町も、賑わいが徐々に戻り始めています。

大阪・兵庫・京都では、23日から、テーマパークや、大型パチンコ店などへの休業要請が解除されたほか、住民への外出自粛の要請も緩和されています。

中華料理店の店主「早く(感染拡大が)終息してほしい。第2波は怖いが、店では衛生管理をきっちりしているので(来て頂きたい)」

日本三景の一つ、京都府の天橋立を望む観光施設も営業を再開しました。

近畿2府4県では、滋賀県で新たに1人の感染が確認され、累計の感染者数は、3087人となっています。