30日朝早く、神奈川県横浜市で道路が大きく陥没しているのが見つかりました。近くでは12日にも同じような陥没があったばかりでした。

警察によりますと、30日午前5時半頃、港北区の環状2号線で「道路が陥没している」と通報がありました。

通報があった時の穴の大きさは3メートル四方でしたが、現在は、7メートル四方にまで広がっているということです。陥没によるけが人などはいませんでした。12日には、300メートルほど離れたところでも、同じように道路が大きく陥没していました。

横浜市によりますと、陥没した道路の地下では地下鉄を通すためのトンネル工事が行われていて、今後、陥没との関連について、調査するということです。