北海道・苫小牧市のアパートで、17日夕方、2階の通路の一部が崩落し、1歳未満の男の子を含む男女5人が転落して、病院に搬送されました。このうち女性4人が重傷です。

事故があったのは、苫小牧市新開町1丁目の2階建てのアパートです。17日午後4時50分ごろ、「アパートの2階共有通路の床が抜けて5人が転落した」と、転落した人の知人から消防に通報がありました。

消防によりますと、転落し、搬送されたのは、1歳未満の男の子が1人、10代から40代の女性4人のあわせて5人です。全員意識はあるものの、女性4人が腕や足の骨を折る重傷です。

警察によりますと、崩落した床は、鉄やコンクリートでできているとみられていて、警察は、事故の原因について現場検証を行い、詳しく調べることにしています。