先月、東京・調布市の住宅街で道路が陥没した場所のすぐ近くで、新たに地中に空洞が見つかったと、22日にNEXCO東日本が公表しました。

新たに見つかった空洞は、先月18日に陥没が起きた場所から20メートルほど南の地下4メートルにあり、長さ27メートル、幅3メートルに及ぶということです。

NEXCO東日本は、周辺10か所でボーリング調査を行っていて、地中に空洞が確認されたのは、今月3日に続き2か所目です。

新たな空洞は、前回見つかった空洞と同様南北に延び、同じく、外環道のトンネル工事の真上に位置するということです。

21日夜、NEXCO東日本の職員から説明を受けた住民からは、戸惑いの声が聞かれました。

新たに見つかった空洞の真上の住人「(家の)端から真向かいのお宅まで、その間隔に空洞がありますと伺ったので、そんな大きな空洞!? すごくびっくりしましたね」

NEXCO東日本では、直ちに地表に影響を及ぼすことはないとしていて、早急に穴を埋める作業を行うとともに、引き続きトンネル工事との因果関係を調べる方針です。