東京都の新規感染者が一日500人を下回った段階で緊急事態宣言を解除すると、4月に再び、感染者が1000人を超える恐れがあるという新たなシミュレーションを、西浦博教授が発表しました。

京都大学の西浦教授のシミュレーションによりますと、飲食店の時短営業や屋内での人との接触削減を一部で守らない場合、東京都の一日の新規感染者が500人を下回るのは、2月24日ごろになるということです。

政府が述べているように、東京都の新規感染者が一日500人未満になる段階で緊急事態宣言を解除すると、4月14日ごろには、新規感染者が一日1000人以上に戻るとしています。

一方、第一波のような対策を徹底すると、2月下旬に一日の感染者は100人未満まで減り、その状態で宣言を解除すると、春頃の感染は下火のままです。

長い期間でみると、一日500人未満で宣言を解除した場合、オリンピック開催の7月までに、2回、流行の山が来ますが、100人未満まで下げてから解除すると、山は7月の一回ですむ見込みだと言うことです。

西浦教授は、「緊急事態宣言の基準は長期的な見通しで考える必要がある」としています。