福岡市で22日夜遅く、軽自動車が赤信号を無視して交差点に進入し、タクシーと衝突する事故が起きました。軽自動車は数分前まで蛇行運転をしていて、パトカーの追跡から逃走していたということです。

22日夜、福岡市で起きた事故。交差点の路肩には、前方が大破した黒いワンボックスカーが…。

ワンボックスカーはタクシーで、エアバッグが作動しています。さらに、すぐ近くには完全に横転してしまっている軽自動車が。

22日午後11時半すぎ、この軽自動車が赤信号を無視し交差点に進入し、青信号で直進してきたタクシーに衝突したとみられています。

警察によりますと、軽自動車は事故の数分前、博多駅近くで蛇行運転をしていたといいます。

パトカーが停止を求め、軽自動車はいったんは停車しましたが、突然逃走。パトカーはサイレンを鳴らし追跡しましたが、すぐに追跡をやめていました。

その後、交差点に赤信号を無視し進入し、タクシーと衝突した軽自動車。

この事故で軽自動車を運転していた40代の男性が重傷、タクシーの50代の運転手が軽傷を負いました。

警察は事故発生時は追跡をやめていて、「追跡に問題はなかった」と説明しています。

パトカーから逃走後、赤信号を無視し起きた事故。警察は、今後、危険運転傷害の疑いも視野に、軽自動車を運転していた40代の男性から事情を聞く方針です。