今、「孤独」を感じるという人々からの相談が増えています。

去年、「孤独感」が原因で自殺した人は434人と前年にくらべておよそ3割増加。24時間、チャットで相談を受けるNPOには、今年に入り一日に200件を超える相談が寄せられ、全国各地からリモートで相談対応にあたるも、件数の増加に追い付いていない状況だといいます。

そこで、早急に対策を行うよう政府へ提言書を提出。2月19日、内閣官房に「孤独・孤立対策担当室」が新設されました。

2月23日放送『news zero』より。