カジノを含むIR・統合型リゾート施設への参入を巡る汚職事件で、収賄と証人買収の罪で起訴された衆議院議員の秋元司被告らの裁判は、8日から証人尋問が始まりました。ワイロを渡したとして有罪判決が確定した中国企業の元顧問が出廷し、「日本でのIR進出で後押しをして欲しいという意味だった」と証言しました。

衆議院議員の秋元司被告らの裁判では、760万円相当のワイロを渡したとして有罪判決が確定した中国企業の元顧問が証人として出廷しました。

元顧問の男性は議員会館の事務所で「陣中見舞いです」と言って秋元被告に現金300万円を渡したとした上で、「IR担当の秋元先生にIR日本進出の後押しをして欲しいという思いからだった」と証言しました。

また、300万円を用意した状況について、「議員会館1階の男子トイレの個室に入り、300万円をA4の封筒に包み、ようかんが入った袋に入れました」と詳細に証言しました。