12日から始まる新型コロナウイルスの高齢者のワクチン接種に向けて、8日、東京・世田谷区と八王子市にワクチンが到着しました。

8日午前、世田谷区と八王子市に都内の自治体で最も早く、高齢者向けのワクチンが到着しました。冷凍状態のファイザーのワクチン1950回分が、速やかにディープフリーザーに運ばれました。

高齢者の接種は12日から始まる予定で、都内では世田谷区と八王子市からスタートします。

世田谷区はクラスター防止の観点から、まずは高齢者施設から始め、八王子市は公平性を保つため、先着予約順での集団接種などから開始する予定です。