5日午前、千葉県八街市で火事が発生し、木工所や民家など10棟以上が燃え、現在も延焼しています。この火事で男性1人が煙を吸うなどして病院に搬送されました。

警察や消防によりますと、午前11時頃、八街市で「一軒家が激しく燃えている」と通報がありました。消防車など13台が消火活動にあたっていますが、現場では風が強く吹いていて、木工所や民家など10棟以上が燃え、現在も延焼しているということです。

この火事で、燃えた民家の住人とみられる68歳の男性が煙を吸うなどして病院に搬送されましたが、命に別条はなく、ほかに逃げ遅れた人もいないということです。

消防などは消火活動を続けるとともに、火元や出火原因の特定などを進めています。