10日午前、群馬県の草津白根山の上空で9人が乗った県の防災ヘリが消息を絶ち、行方がわからなくなったが、この防災ヘリとみられる機体が山中で見つかった。また、機体のそばで容体不明の8人が見つかったという。

10日午後2時半すぎ、日本テレビのヘリコプターのカメラが、群馬県の防災航空隊のヘリ「はるな」とみられる機体を、群馬県の横手山付近の上空で発見した。

県などによると、「はるな」は10日午前9時15分に群馬ヘリポートを離陸。午前10時45分に着陸予定だったが、定時に戻らないことから、午前11時45分ごろに捜索を始めたという。

防衛省によると、機体のそばで8人を発見し、うち2人を搬送しているということだが、容体はわかっていない。県によると、「はるな」には県の防災航空隊の機長・天海紀幸さん、整備士の沢口進さん、隊長の小沢訓さん、隊員の岡朗大さん、吾妻広域消防本部の田村研さん、水出陽介さん、塩原英俊さん、黒岩博さん、蜂須賀雅也さんの合わせて男性9人が乗っていた。

警察などは隊員らの容体や状況などの確認を急いでいる。