政府は12日、来年の天皇陛下の退位などに伴う一連の儀式を検討する「式典委員会」を立ち上げ、この中で安倍首相は、来年に限り5月1日と10月22日を祝日とする方針を明らかにした。

政府は12日午前、来年春の天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う一連の儀式を円滑に行うため、首相を委員長とする「式典委員会」の設置を閣議決定し、首相官邸で初会合を開いた。この中で、秋篠宮さまが「皇嗣」になられたことを国民に明らかにする儀式「立皇嗣の礼」を再来年の4月19日に行うことが決まった。

また、安倍首相は、皇太子さまが即位される5月1日と即位礼正殿の儀が行われる10月22日を来年に限って祝日とする方針を明らかにした。4月30日と5月2日についても休日扱いにする方針で、来年のゴールデンウイークは、土日を含め10連休になる見通し。

また、今後の課題の一つは、儀式の参列者をどうするかだが、関係者によると、外国の元首などが出席して新天皇の即位を祝う「饗宴の儀」について、立食形式での開催が検討されているという。平成の代替わりの際は、「饗宴の儀」は4日間にわたり、昼夜合わせて7回、全て着席形式で行われたが、今回は皇太子ご夫妻の負担軽減と式の簡素化が検討されている中で、全体の一部を立食形式にする方向で進められているという。