政府は、新型コロナウイルス対策として、海外から日本に帰国や入国した全ての人に対し、14日間にわたり自宅での待機などを求めていますが、これを10日間に短縮すると発表しました。

政府は、海外からの全ての帰国者と入国者に対し、14日間にわたり、自宅や宿泊施設での待機に加え、公共交通機関を使用しないことや健康観察をすることなどを求めていますが、これを10日間に短縮します。

オミクロン株の濃厚接触者の待機期間を14日間から10日間に短縮することをふまえた措置です。

この措置は15日午前0時から適用され、すでに日本に入国している人も対象になるということです。