終戦の日の15日、安倍首相は靖国神社への参拝を見送り、代理人を通じて供え物の代わりとなる玉串料を納めた。

靖国神社には、安倍首相の代理として自民党の稲田総裁特別補佐が参拝した。「安倍晋三」と個人名を記載した玉串料を私費で納めたという。

稲田総裁特別補佐「(安倍首相は)令和の新しい時代を迎え、改めて、我が国の平和と繁栄が、祖国のために命をささげたご英霊のおかげであると、感謝と敬意を表しますということです」

安倍首相は2013年12月に靖国神社を参拝して以降、参拝を見送っている。