首相主催の「桜を見る会」に悪質なマルチ商法で行政指導を受けたジャパンライフの元会長が招待されたとされる問題で、野党の追及本部は被害者から聞き取り調査を行った。

野党の追及本部に出席したのはジャパンライフのマルチ商法によって家族全体で7000万円を失ったとの被害を訴える61歳の男性。

男性によると、ジャパンライフは集会で勧誘をする際、元会長が「桜を見る会に招待された」と話し、招待状を見せていたと話した。

被害者男性「これみなさんもね、ずいぶん拝見なっていると思いますけども、私もずいぶん目に焼き付いています、この招待状。この資料によって多くの被害が拡大したのは私も証言できます」

野党側は招待状によって会社を信用させることが被害の拡大につながったとみていて、どのような経緯で元会長が招待されたのか、引き続き追及をする方針。