香港メディアによりますと、香港の反政府デモを取り締まる「香港国家安全維持法」が30日午前、可決されました。来月1日にも施行されるとの見方も出ています。それを受けて政府の反応。

菅官房長官「仮に報じられている通り国家安全法が可決をされたのであれば、我が国としては国際社会や香港市民の強い懸念にもかかわらず、同法が制定されたことは遺憾であります」

「香港国家安全維持法」が可決されたことを受け、菅官房長官はさきほど、遺憾の意を表明しました。

そのうえで、法律の制定は「国際社会の『一国二制度』の原則に対する信頼を損ねるものだ」と批判し、引き続き関係国と連携して対応する考えを強調しました。