国家公務員に30日、夏のボーナスが支給されました。一般職の平均支給額はおよそ68万100円で、8年連続でアップしました。

内閣人事局によりますと、管理職を除く一般職の国家公務員に支給された夏のボーナスの平均支給額は、去年よりおよそ1000円増え、およそ68万100円でした。

一方、安倍総理大臣や閣僚への支給額も8年連続で増加しました。自主返納分をのぞいて、安倍総理にはおよそ404万円、閣僚にはおよそ337万円が支給されました。

また、ボーナスは国会議員にも支給され、公職選挙法違反の疑いで逮捕された河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員にも、それぞれおよそ319万円が支給されました。