「GoToトラベル」事業をめぐり、政府が運用見直しを表明したことについて、公明党の山口代表は「妥当な姿勢だ」と評価しました。

山口代表「急激に感染が拡大している状況です。医療体制をひっ迫させないように、重症者をおさえこむことが大事なことだ。国として一時停止も含めて見直すことが可能な対応を取ったということで、妥当な姿勢だと思います」

山口代表はこのように述べ、「GoToトラベル」事業をめぐる政府の対応を評価しました。その上で山口代表は、今後、「それぞれの地域によって実情が違う。それぞれの知事と意思疎通をはかりながら妥当な決定をしていくべきだ」と述べました。