新型コロナに感染し入院を拒否した人に、政府が1年以下の懲役、または100万円以下の罰金を科すことを検討しています。

これは、与野党との協議会で政府が説明したものです。新型コロナの感染者が入院を拒否するケースが起きていることから、政府は、拒否した人に対し、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を想定しているとの考えを示しました。

しかし、野党側は「罰金の額が高すぎる」などと反対し引き続き、調整が行われます。