菅総理大臣が、新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が始まる来週12日に、東京・八王子市役所の接種会場を視察する方向で調整していることが分かりました。

政府は、来週12日から65歳以上の高齢者およそ3600万人を対象に、ワクチンの優先接種を一部の自治体で開始する予定で、東京都内では、世田谷区と八王子市からスタートします。

高齢者への接種が始まることを受け菅総理は、八王子市役所の接種会場を訪れ、接種が円滑に進められているかなどを視察する方針です。

政府は、高齢者全員が2回接種できる量のワクチンを、6月末までに全国の自治体に供給するとしています。