今月20日に期限を迎える緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象地域について、菅総理大臣は10日夜、「新規感染者は減少傾向にある」と述べました。

菅総理「20日を期限とする地域については、新規感染者というのは減少傾向にあると思っています。まずは徹底してですね、感染拡大を防ぐ。このことが大事だというふうに思います」

菅総理は、20日に期限を迎える東京や大阪など10の都道府県に発出している緊急事態宣言や、5つの県に適用しているまん延防止等重点措置について、「感染者数や病床の状況を専門家と相談しながら、最終的には判断をしたい」と述べました。