東京オリンピック・パラリンピック向けに開発したアプリを巡り、平井デジタル改革担当相の発言が物議をかもしています。費用を削減するため、請負先の企業を「脅しておいた方が良い」などと会議で発言した平井デジタル改革担当相。発言は、不適当だったと釈明しました。

11日朝。会見で平井デジタル改革担当相は…

平井デジタル改革担当相
「表現が不適当であったと」

平井デジタル改革担当相が反省を口にしたのは、海外から来たオリンピック観戦客らの健康管理アプリを巡る4月の発言。アプリの顔認証の開発を担っていたNECについて、平井デジタル改革担当相は、内閣官房の幹部職員2人に…

平井デジタル改革担当相
「一発、遠藤(NEC会長)のおっちゃんあたりを脅しといた方がいいよ。このオリンピックであんまりぐちぐち言ったら、完全に干すからね。払わないよ、NECには」

報道で明らかになったこの発言は不適当だったと認めた平井デジタル改革担当相。

73億円をこえるアプリの開発費用を巡っては、海外客の受け入れ中止を受け、NECの顔認証をやめるなどして38.5億円に削減したと発表していました。

発言について平井デジタル改革担当相は、長年一緒に仕事をしてきた幹部職員なので「非常にラフな表現になった」とした上で、「そのまま相手に伝えるような方々ではない」と釈明。

発言の真意については…

平井デジタル改革担当相
「担当者は強い気持ちを持っていないとなかなかコストを削減するということはできません。強い覚悟で国民の立場になって交渉するということを幹部2人に強い口調で申しあげたことが、今回ある意味、表現が不適当であったと」

これについてNECは…

「政府のオリンピック・パラリンピックの方針を踏まえ、当社を含む共同事業体として協議し、契約の変更に応じました。個別の案件についてはコメントを控えたい」

一方、野党は…

立憲民主党 安住国対委員長
「人格が問われる話だと思っています。圧力や脅しをかけろということを、わが国の大臣が部下等に向かってそういう話をして済むんでしょうか。この人の場合はもう大臣としての資格はないんじゃないですか。全く時代に逆行した失格大臣だと」

平井デジタル改革担当相は、「今後、気をつけていきたい」としています。