現職の自衛官が16日夜、民進党の小西洋之参議院議員に「お前は国民の敵だ」などと罵声を浴びせたことについて、小野寺防衛相は謝罪し、「適正に対応したい」と述べた。

民進党・小西議員「国会議事堂の目の前の公道で、現職の自衛隊員と名乗る者から、『お前は国民の敵だ』などと繰り返し罵声を受けました」

小野寺防衛相「自衛隊員の服務の問題になりますので、事実関係を確認した上で適正に対応させていただきたいと思っています」

小西議員によると、16日午後9時ごろ、国会前の路上で、現職自衛官を名乗る男から「お前は国民の敵だ」などと繰り返し罵声を浴びたという。

防衛省はこの男が統合幕僚監部の30代の幹部自衛官だということを明らかにした上で、自衛隊トップの河野統合幕僚長が小西議員に直接、謝罪した。河野統合幕僚長は「自衛官が国民の代表である国会議員に対して暴言と受けとれるような発言をしたことは大問題だ」と述べた。

小野寺防衛相「事実関係を確認して適正に対処したいと思っていますが、小西議員に不快な思いをさせたのであれば申し訳ないと思っています」

防衛省は事実関係を確認した上でこの男を処分する方針。