沖縄の在日アメリカ空軍は、11日に沖縄近海で墜落事故を起こしたF15戦闘機の飛行を13日朝から再開した。

在日アメリカ軍嘉手納基地では13日午前8時前から、F15が相次いで離陸し、訓練に向かう様子が確認された。アメリカ空軍は、嘉手納基地所属のF15が11日朝、那覇市の南約80キロの洋上に墜落し、パイロットが大ケガをした事故を受け、嘉手納基地でのF15の飛行を一時、見合わせていた。

しかし、アメリカ空軍は12日、嘉手納基地所属のすべてのF15の機体の点検が終わったとした上で、「安全に飛行再開できることを確信した」として、13日からの飛行再開を決めた。

沖縄県などは、事故原因が究明されるまでの飛行中止を求めており、地元の反発が高まっている。