新型コロナウイルスの高齢者向けのワクチン接種が来週から始まるのを前に、宮城県仙台市でも接種に関する問い合わせが急増していて、6日までに1万2000件を超えました。

宮城・仙台市、郡和子市長「自分はいつなのかについて、情報が伝わっていない方々から、問い合わせが多くなったのは事実」

仙台市では、先月末から対象となる高齢者27万人あまりに接種券の発送を開始しています。コールセンターへの問い合わせは今月に入ってから急増し、これまで300件余りでしたが、6日までに1万2000件を超えました。

仙台市では、早ければ来週から高齢者施設の入居者などからワクチン接種を始める計画ですが、一般の高齢者への接種時期や場所は決まっておらず、問い合わせが殺到しているということです。