2032年に行われる夏季オリンピック・パラリンピックの開催地が、オーストラリア東部のブリスベンに決まりました。

21日に東京で行われたIOC(=国際オリンピック委員会)の総会では、候補地となっていたブリスベンに決定するかの投票が行われ、賛成多数で開催が決まりました。オーストラリアでのオリンピック開催は1956年のメルボルン、2000年のシドニーに続いて3度目となります。

一方、東京大会は21日から無観客での競技が始まりましたが、総会後の会見でバッハ会長は「放送の質も高く素晴らしいスタートが切れた」と評価しました。

IOC・バッハ会長「大会が終われば希望のメッセージは自信へと変わり、日本の人々と世界のスポーツは長期にわたり開催の恩恵を受けることになるだろう」

また、バッハ会長はこの大会を通じて「日本国民と国際社会がここまで不屈の努力を続けてきたことがはっきりと示される」とも述べています。