第5波のまっただ中にあるフランス。レストランでは、警察官がワクチン接種などを証明する「衛生パス」の提示を求めていました。
   ◇

第5波のまっただ中にあるフランス。ロイター通信によりますと、1日あたりの感染者数は7日間平均で2万人を超えました。

レストランでは、食事を楽しむ人たちに警察官が声をかけていました。ワクチン接種などを証明する「衛生パス」の提示を求めていたのです。市民からは、賛否両論の声が上がっています。

賛成 パリ市民
「第5波が来ていると分かっているので、確認には意味があると思います」

反対 パリ市民
「個人的には、ここまでやるのは悲しいことだと思います。市民やレストランの経営者を信頼するべきです」

フランス政府は、ロックダウンを行わず、こうした規制の強化で感染を抑えたい考えです。