アメリカのトランプ大統領は11日、アフガニスタンの反政府勢力・タリバンに対し「かつてない攻撃を行った。今後も続ける」と明らかにした。タリバンとの和平協議は頓挫することになりそうだ。

アメリカ同時多発テロから18年となる11日、トランプ大統領は国防総省で開かれた追悼式典に出席した。トランプ政権はテロの首謀者をかくまったタリバンとの和平協議を進めてきたが、大統領は演説でタリバンのテロ攻撃により協議を中止したと改めて説明、攻撃を強化したと明らかにした。

トランプ大統領「この4日間、我々はかつてない攻撃を行ったが、今後も続く」

さらに大統領は「彼らがアメリカに入ってくれば、どこまでも追跡し、これまで使ったことのない力を行使する」と警告した。

タリバンとの和平協議は頓挫することになりそうで、アフガン情勢の悪化も懸念される。