スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんは24日、新型コロナウイルスに感染している可能性があるため、外出を控えている事を自身のSNSで明らかにした。

この中でグレタさんは「10日ほど前から体のだるさ、震え、のどの痛み、せきなどの症状が出ています」と投稿し、新型コロナウイルスに感染している可能性を考慮し、外出を控えている事を明かした。症状が出る数日前に、中央ヨーロッパからスウェーデンに戻ったという。

スウェーデンでは、新型コロナウイルスの検査を症状が重い場合にのみ行っているため、自分はまだ検査を受けていないと説明している。

また、グレタさんは「自分の症状は軽く、病気とは感じなかったくらいだ。若い人は症状に気付かずに他人にうつすかもしれず、危険だ」と警戒を呼びかけている。