アメリカ・ニューヨークで新型コロナウイルスの感染者が急増している問題で、市長が25日、市民の半数以上が感染するとの見方を示した。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は25日、会見で、ニューヨーク市だけで1万8000人近い感染者が確認されたとした上で、「全市民の半数以上が感染するとみている」と述べ、強い危機感を示した。

こうした中、マンハッタンの病院の前には今後増えることが想定される遺体の収容に備えて、仮設の遺体安置所が設置された。

ニューヨークでは感染者の増加が当初の想定を上回っていて、現地の一部メディアが「遺体安置所の容量が限界に近づいている」と伝えたが、市長は「今はまだ容量を超えていない」と述べ、仮設の遺体安置所の設置は今後を見据えた措置だと強調している。