日本でも人気のカナダのパフォーマンス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」が破産を申請したことがわかりました。

シルク・ドゥ・ソレイユ・エンターテインメント・グループは29日、カナダの裁判所に破産を申請し、再建手続きに入ると発表しました。

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう劇場の閉鎖で、シルク・ドゥ・ソレイユは3月以降は公演を行えず、経営状態が急激に悪化していました。

破産申請にともない、劇団員およそ3480人が解雇されるということで、今後は、債権者との交渉を行い、再建に向けた資金繰りを検討するものとみられます。

シルク・ドゥ・ソレイユの最高経営責任者は「すべての公演が中止となり収入がなくなったことから、会社の将来を守るためにやむを得ないと判断した」としています。