アメリカ・ニューヨークで15日、国連総会が開幕しました。75回の節目となりますが、今年は新型コロナウイルスの影響で、首脳が集まらない異例の形での開催となります。

国連総会・ボズクル議長「パンデミックを受けて国連がさらに強く団結するよう最善を尽くす」

今年の国連総会では、国連創設75周年の節目を記念する会合などが予定されていますが、新型コロナウイルスの影響で、建物の中に入れるのは各国代表者一人のみに限定されています。

22日から始まる一般討論演説は、各国首脳が事前に録画したビデオを総会議場で流す形式で行われ、16日、総理大臣に選出された自民党の菅総裁も、この異例の形式で外交デビューする予定です。

そんな中、アメリカのトランプ大統領はニューヨーク入りして、議場に立つ意向を示していて、どのようなメッセージを届けるか注目されます。